掘りごたつの居酒屋

掘りごたつの居酒屋

皆さんは飲食店を選ぶときの基準としてどのようなものを最初に挙げるでしょうか?
持色駅やバス停からの距離や収容人数、提供される料理、
お酒など優先しなくてはいけない要素は多々ありますよね。
 

 

そんな中でも忘れられがちなのが、座席の形態です。
今回は、居酒屋の座席の中でも特にポピュラーな掘りごたつについて詳しく見ていきましょう。

 

 

掘りごたつとはどのような特徴を持っている座席なのか今一度確認しておきましょう。
通常の座卓では、座布団などの上に正座や胡坐をかいて飲み会の席を過ごします。
しかし、掘りごたつは座卓の下に空間があるため、イスに座っているような感覚で座卓を囲めるのです。
座卓の下の空間によって生じるメリットには以下のようなものがあります。

 

見逃せないのが、正座や胡坐といった姿勢をとり続けることによる肉体への不安が軽減されるという点です。
長い間同じ姿勢で座り続けていると足や腰に痛みを覚えることがありますよね。
掘りごたつの場合には足が宙に浮く、
もしくは座卓下の空間の底に着けることが出来ますから、比較的姿勢を自由に変えられるのです。
そのため、飲み会のような長い時間同じところにとどまっているイベントであっても、身体への負担は小さくなります。
ご年配の方や腰痛餅の方にとっては嬉しい座席といえるでしょう。
しかし、座卓下の空間はお子さんにとって思わぬ落とし穴になることを覚えておきましょう。
掘りごたつは大抵の場合大人の足の長さを想定して作られていますから、
お子さん連れで居酒屋を利用する人は、その空間に子供が落ちないように配慮しなくてはいけません。
以上のような特徴を捉えながら、掘りごたつ式の居酒屋を上手に活用しましょう。