居酒屋で定番の唐揚げ

居酒屋で定番の唐揚げ

最近の居酒屋は様々な料理が楽しめるようになりました。
和食はもちろんのこと中華料理やフレンチ、イタリアンなど、
居酒屋を巡っているだけで世界旅行をしているような気分を堪能することが出来ます。
特に豊橋の和食居酒屋は美味しいところが多いです。
そんな居酒屋であっても、いわゆる定番メニューというものが存在します。
定番メニューとはどこのお店に行っても大抵置いてある料理のことです。
特に唐揚げは、お酒を提供する居酒屋においては無くてはならない鉄板メニューといえます。
唐揚げを食べるとき、皆さんはどのようなことに注意しているでしょうか?
最近よく話題に挙がるのが、からあげにレモンをかけるかどうかという問題です。
特に居酒屋における唐揚げは大皿から取り分けることが多く、
自分の都合でレモンをかけてしまって良いかという疑問をお持ちの方もいることでしょう。
唐揚げにおけるレモンの役割は、レモンの酸味で唐揚げの脂っこさを軽減させることです。
言い換えると、油っぽさを気にしない、むしろ脂っぽいもーのが食べたいという人にとってはあまり必要のないものなのです。
他の揚げ物にもレモンが付いていることはありますが、唐揚げほど問題視されません。
やはり、居酒屋のように大皿から取り分ける際に気を遣う人が多いため、
唐揚げのレモンはどうしたらよいのかと考えてしまうのです。

この問題に対処するためには、まず居酒屋で全員分の取り皿を用意してもらうことをおすすめします。
レモンをかけて食べたいという人はそのお皿に唐揚げを取り分けてからレモンを絞りましょう。
レモンが足りないようであればお店の人にお願いしてみてください。
生のレモンではなくても、料理で使うレモン汁のように油っぽさを軽減してくれるものを提供してくれるはずです。
唐揚げを食べる際のマナーを守って、飲み会を楽しんでください。