お酒を作るときや悪酔いしないためのマナー

お酒を作るときや悪酔いしないためのマナー

銀座にある鉄板焼きのお店なんかでも個室付きのお店が豊富です。
合コンなどで居酒屋を利用することがありますが、盛り上がってしまってついついマナーを忘れてしまうことがあります。
忘れてしまうくらいなら良いのですが、最初からマナーを知らない人もいます。
マナーを知らないのは人を不愉快にしてしまうことがありますので、色々なマナーを知っておきましょう。

 

居酒屋での合コンで焼酎をボトルで注文することがありますが、
ボトルで注文するとロックで飲む場合と水やお湯で割って飲む場合があります。
ロックは氷を入れてから焼酎を入れるだけで良いので簡単ですが、お湯割りのときには基本的なマナーがあります。
それは最初にお湯を入れることです。
これは先にお湯を入れることによってグラスの中で対流が起こり、
お湯と焼酎がしっかり混ぜ合わさって美味しいお湯割りができるからです。
美味しいお湯割りを作ってあげるのが当たり前のマナーと言えますので、
黄金比率とされる焼酎6にお湯が4でも良いですし、飲む人の好みを聞いて調整してあげるのも良いでしょう。

 

そして悪酔いするのもマナー違反となりますので、お酒ばかり飲むのではなく合間にお水も飲むようにしましょう。
お水を飲むことによって体内でアルコールの加水分解が促されて悪酔いしにくくなります。
それと胃が空の状態でお酒を飲むと悪酔いしやすくなりますので、空腹状態で飲まないようにしてください。
料理を食べ終わると店員さんが片づけやすいように皿を重ねることがありますが、これもマナー違反となります。
正しいマナーは皿を重ねないで店員さんに任せることです。