鍋料理のマナー

鍋料理のマナー

新入生歓迎会や親友社員歓迎会など、新しく入ってきた人たちをもてなすイベントは毎年のように行われます。
そんなイベントでは貸切や個室利用を推奨している居酒屋を利用することも多いですよね。
 

 

いわゆる新人と呼ばれる人達の仲良くなるのに打ってつけなのが鍋料理です。
鍋料理では1つのお鍋を全員で分け合うという共通体験が生まれます。
「仲良くなりたいならまずは一緒にご飯を食べよう」とよくいわれますが、
鍋料理はそのご飯の中でも特に絆を深めやすい料理なのです。
今回は、そういった飲み会で鍋料理を食べる際のマナーについてご紹介します。
鍋料理は仲良くなりやすい反面、
ちょっとした作法やマナーの行き違いで相手に不快感を与えかねない点に要注意です。
例えば、鍋から具材やスープを取り分ける際には必ず取り分け用の箸を使うようにしましょう。
直箸に対してあまり良い印象を抱いていない人も少なくありません。
親しき仲の礼儀として、取り分け用の箸を使うのは最低限のルールです。
自分が取り分ける係になった際には、
相手に対して必ず「食べられないものはありませんか?」と一声かけましょう。
もし相手が皆さんよりも役職や立場が下だった場合、
自分から苦手な食べ物を言い出すのはなかなか難しいことです。
こちらから気を遣ってあげることで、相手も気兼ねなく鍋料理を楽しむことが出来ます。
鍋に夢中になり過ぎて、周囲の人と全く会話のしないのは本末転倒です。

鍋は軽くつまみながら、お酒と会話を楽しむことを心掛けましょう。
取り分けてあげた鍋を話題にするのも良いですし、
鍋料理から好きな食べ物や料理の話に持っていくのも1つのテクニックといえます。
鍋料理を料理上手に活用して、新しく入ってきた人たちとスムーズに仲良くなりましょう。