お酒の席でのお酌や乾杯のマナー

お酒の席でのお酌や乾杯のマナー

居酒屋は寛ぎながら飲んだり食べたりできるところですが、
会話や空間を楽しむこともできますので誰でも気軽に利用することができますよね。
しかし、全て思い通りにしていたら色々な人に迷惑を掛けてしまうことがありますし
不愉快にさせてしまうことがありますのでマナーは守らなければいけません。
居酒屋でのマナーには注文や乾杯するときのマナーやお酒を注ぐときのマナーなどもあります。

 

注文するときは、まず全員が席に着いてから飲み物を注文し、
店側が飲み物を用意しているときに注文する料理を決めましょう。
そして飲み物が揃ったら乾杯しますが、
目上の人がいる場合はグラスやジョッキを両手で持ち、目上の人より低い位置でジョッキやグラスを合わせます。
ワイングラスで乾杯するときは強く合わせると割れることがありますので、
胸の高さまで持っていき優しく合わせるようにしましょう。

 

また、お酒を注ぐときのマナーは、
ビールの場合はグラスの中央に向かって少し高めから最初は勢いよく注ぎ、
少しずつゆっくり注いでいくと良いのですが、泡はグラスの大体3分の1くらいにしてください。
それに瓶のラベルを上にして両手で注ぐのが基本的なマナーになっています。

 

注ぐタイミングは空になってからのほうが美味しく飲めますので注ぎ足しはしないようにしましょう。
少しでも残っているときは「お注ぎしても良いですか?」と聞いてからにしてください。
無理に飲ませたり注いだりするのはマナー違反です。
ワインを注ぐ場合は右手でボトルの底を持ち左手を下側に添えながらグラスの4分の1まで注ぐのがマナーです。

 

個室居酒屋 茜屋 〜AKANEYA〜 渋谷店でも乾杯やお酌をする場面が多々あると思いますが、マナーを極めているとあなたの評価も上がりますよ。