個室居酒屋におけるマナーと席次

個室居酒屋におけるマナーと席次

皆さんが宴会の幹事になったとき、個室の居酒屋を選択する人も多いのではないでしょうか?
個室は区切られた空間ですから、他のお客の声が聞こえにくく店員の出入りも限られます。
そのため、宴会という知り合いばかりが参加するイベントに置いては非常に使い勝手が良いのです。

 

 

しかし、個室居酒屋で開催する宴会には独特のマナーや席次が存在することを覚えておく必要があります。
個室における席次に関しては1つの原則と覚えておくと良いでしょう。
それは、役職や身分が高い人ほど入り口から遠い席に座るというものです。
入り口から遠い席は上座と呼ばれ、店員や他の参加者の出入りに左右されることなく宴会を楽しむことが出来ます。
上司や宴会の主役となる人には、こうした席に座ってもらうように手配するのが幹事として注意すべき点です。
ただし、和室のように大きなテーブルを囲む場合にはこの限りではありません。
テーブルの中でも入り口から遠い長辺の中心が上座となるのです。
上座を中心にして次に役職が上の上司や先輩に座ってもらいます。
中華料理を定位供する居酒屋などに見られる円卓でも、入り口と正対する座席が上座になります。
幹事は最も入り口から近い下座に座るようにしましょう。
個室居酒屋におけるマナーとして知っておきたいのが、お酒や料理を渡す順番です。
例えば、乾杯のために注文したビールが届いた場合には、基本的には上座に座っている人を優先してください。
コースメニューなどで同じメニューが全員に配られる際も同様です。
個室居酒屋の席次やマナーを注意して、楽しい宴会を開催しましょう。
個室のある居酒屋なら全席個室居酒屋 結粋 ‐YUI‐ 岐阜店がおすすめです。