お寿司を食べるときのマナー

お寿司を食べるときのマナー

一昔前までは、お寿司はお寿司屋さんで食べるのが当たり前でした。
しかし最近では居酒屋などの飲食店でも気軽にお寿司を食べることが出来ます。
お寿司が気軽に食べられるようになったことで忘れられがちなのがマナーです。
居酒屋は比較的フランクな飲食店ですが、それでもマナーを守って食べた方が見た目にも美しいですし、
お寿司をより美味しく楽しむことにも繋がるのです。
今回は、居酒屋でお寿司を食べる際のマナーについて詳しく見ていきましょう。
お寿司を食べる際には、
基本的に白身魚などあっさりしたものからいただくのが美味しくお寿司を楽しむためのマナーです。
何種類かのお寿司が一皿に乗ったメニューを注文した際には、
なるべく淡白な味わいのものから食べるようにしてください。
いきなりトロのような脂身たっぷりのネタから食べてしまうと、
あっさりした味わいのお寿司を美味しく感じられなくなってしまいます。
また、お寿司の醤油は基本的にネタに付けるためのものです。
醤油の殺菌作用を期待してお寿司に醤油をつけ始めたという歴史を鑑みても、この食べ方が適しているといえます。
箸で食べるか手掴みするかという問題も、お寿司を食べる際によく取り沙汰されます。
原則としてはどちらでも問題ありません。

手が汚れるのが嫌という人は箸を使った方が良いですし、
手掴みの方が美味しく感じられるという人はそちらの方法でご賞味ください。
ただし、手で掴んだ後はおしぼりなどで手を拭くのがマナーなので注意しましょう。
和食の代表であるお寿司を美味しく食べたいという方は、ぜひマナーを守ってお楽しみください。
美味しいお店を探しているならほのか所沢店がおすすめです。https://r.gnavi.co.jp/3fj4absn0000/