居酒屋でのテーブルマナー

居酒屋でのテーブルマナー

美味しいものを食べたり飲んだりできる居酒屋は多くの人が訪れて楽しく盛り上がっていますが、
ただ楽しく騒いでいるだけではいけません。
居酒屋でも最低限のマナーがあるからです。
お酒の席で料理をいただくときにもマナーがあります。

 

居酒屋では当たり前のように焼き鳥を食べますが、
この焼き鳥を食べるときにも基本的なテーブルマナーがあります。
串についたまま食べるのが多いのですが、これはマナー違反とされており、
串から外してお皿に乗せて食べるのがマナーとなっています。
大勢で食べるときに色々な種類を食べることもできますので、
豪快に食べたくなる気持ちは分かりますがなるべくお皿に乗せて食べるようにしましょう。

 

お刺身を食べるときは醤油皿に醤油を入れますが、他の人の分まで1度に入れてしまうことはマナー違反です。
醤油の量は人によって違ってきますので、できるだけ醤油の量を聞いてから入れるようにしましょう。

 

また、唐揚げを食べる前にレモンを絞って振りかけることがありますが、勝手に振りかけてしまうのはマナー違反です。
それぞれ小皿に取ってからレモンを絞って振りかけるのが基本的なマナーとなります。
他人の手で絞ったレモン汁を嫌う人がいますし、唐揚げにレモン汁をかけたくない人もいますので気を付けておきましょう。

 

料理を取り分けるときに逆さ箸をすることがありますが、これはテーブルマナーとしてやってはいけないことです。
ですので、料理を取り分けるときは取り分け用の箸を店員さんにもらうようにしましょう。

 

デートなどでおしゃれな新宿の居酒屋を利用する際は気をつけましょう!