天ぷらを食べるときのマナー

天ぷらを食べるときのマナー

高級な和食を提供する個室居酒屋などでコース料理を注文すると、必ずといって良いほど天ぷらが提供されます。
天ぷらという言葉が英語で定着するほど和食の代表として世界にも知れ渡っているのです。
そんな天ぷらを食べる際にはマナーが存在することをご存知でしたでしょうか?
今回は、天ぷらを食べるときに恥をかかないためのマナーについてご紹介します。
天ぷらを食べる際には、お皿の手前に盛り付けられているものから食べるようにしてください。
天ぷらはお寿司やお刺身と同じように、淡白な味わいの具材から食べた方が全体としての美味しさが高まります。
この法則を知っている居酒屋であれば、お客が取りやすい手前側に比較的あっさりとした味わいの具材を配置しているからです。
天ぷらの中には、大きくて口に入りきらないような具材も多々存在します。
ボリュームたっぷりで嬉しいですが、食べ方には注意が必要です。
そのまま箸でお口に持っていき髪切ってしまうのは美しくありません。
取り皿の上で小さく切り、一口大のサイズになってからお口まで持っていきましょう。
天ぷらに付ける調味料といえば天つゆと塩ですよね。
基本的にはお好みで好きな方を付けて構いません。
ただし、塩の方が素材の味を強く感じられるため、淡白な味わいの天ぷらには塩をおすすめします。
天つゆを利用する際には天つゆが入った容器を聞き手とは反対の手で持ち、そこに天ぷらを運ぶというのが正しい食べ方です。
塩については、塩の入った小皿に天ぷらを押し付けるのではなく、手で塩を摘んでてんぷらにかけてから食べましょう。

私がおすすめしているけんしろうというお店もなかなかですよ。https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13184885/