焼き鳥を食べるときのマナー

焼き鳥を食べるときのマナー

居酒屋の定番メニューといえば焼き鳥を第一に思い浮かべる人も多いことでしょう。
どこのお店にも置いてありますから、居酒屋に行ったらほとんどの人が注文することと思います。
そんな焼き鳥の食べ方にもマナーがあることをご存知でしたでしょうか?
仲間たちと個室居酒屋で楽しく飲む分には問題ないかもしれませんが、
上司や先輩との飲み会ではマナー違反に気をつけたいところです。
そこで今回は、焼き鳥を食べる際に最低限知っておきたいマナーについて見ていきましょう。
焼き鳥を注文したとき、何種類かのお肉が盛り合わせになって運ばれてくることがありますよね。
その際には、なるべく味の薄いものから食べるのがマナーとされています。
なぜかというと、初めに濃い味付けのものを口に入れてしまうと後から薄味のものを食べても美味しく感じられないからです。
美味しく焼き鳥を食べる際には必見のマナーなので、皆さんもぜひ試してみてください。
焼き鳥を串からバラシて食べるのは、厳密にいうとマナー違反だというのをご存知でしたでしょうか?
焼き鳥は串に付いた形が完成形ですから、お店側もその状態が最も美味しく食べられるように調理しているのです。
そのため、なるべく串に刺したまま食べることをおすすめします。
ただし、仲間たちと仲良く分け合って食べることで親交を深めるというのも飲み会の役割ですから、
個室居酒屋のように区切られた空間であれば串から外して食べるというのも良いでしょう。
串から直接躍起鶏を食べる際には、頭ではなく串を動かすようにしてください。

頭を動かすのは不格好ですし、相手に自分の歯を見せてしまいかねません。
それは食事のするうえで重大なマナー違反となってしまうため、お口にお肉を入れた状態から串だけを素早く動かして、お肉を抜き取りましょう。
焼鳥も日本酒も美味しいお店、猪口猪口はこちら