焼き魚を食べるときのマナー

焼き魚を食べるときのマナー

最近の居酒屋では、コース料理として一品料理をお客全員に提供するお店も少なくありません。
飲み会で居酒屋を利用する人にとっては、
1つの料理を分け合うよりも一皿提供された方が他の人に気を遣わなくて楽と考える人もいると思います。
そのような考え方で安心していると、焼き魚を出されたときに寝首を掻かれてしまいます。
今回は、飲み会だけでなく普段の会食にも使える焼き魚の正しい食べ方について見ていきましょう。
サンマなどのように切り開かれていない魚の場合には、まずお腹辺りに切れ目を入れてください。
いきなり身をほじくり返してしまうと身に骨がくっついてしまい、
食べにくいだけでなく食べている姿も美しくないからです。
切れ目を入れたら、基本的には頭側から食べていきます。
頭から尻尾側へ箸を動かすようにすると、骨から身を綺麗に剥がすことが出来るのでお試しください。
小骨が身にくっついていたら、手を使って剥がしましょう。
骨はお皿の左上にまとめておくのがマナーです。
手を汚してしまったらすぐさまおしぼりで拭き、再び食べ始めます。
骨を全てとってから食べようと身をお皿に積んでいる様子は上品に移りませんから控えた方が良いでしょう。
アジなどのように最初から開いた状態で提供される焼き魚は、
骨の少ない下半分の身から食べ進めるのがマナーです。

開かれているからといって最初に骨を全て取り去ってしまうのはマナー違反となるので注意してください。
大根おろしやスダチは、少しずつ魚の身に乗せて食べるようにしましょう。
お腹周辺の身は取り除きにくいため、レモンやスダチを潤滑油代わりに使うことをおすすめします。

 

和食が美味しい居酒屋はたくみ 五反田店です。